2008年12月13日

ヤフオクで『ジョジョ』全巻販売

タイトルだけ見ても何がマイナー記事か
たぶん全然わかんないしわかるわけが無い
まぁ普通に考えたら

『誰かが読み終わった本を古本として売ってる』

と思うわな

わざわざ書くんだから当然これだけじゃすみません
では何が問題なのか

価格?
5千円だったらしいです(最終的にいくらで入札されたかは不明)
普通ですむしろ63巻考えれば良心的

出品者?
何か中学生が親のアカウント使ってるらしいんだけど
これはたぶん他にもいるんじゃないかな

ではなんなのか
答えはこの少年『ジョジョの奇妙な冒険』全63巻を

zipファイルで売ってたらしい

著作権どこ吹く風ぞ近年まれに見る大うつけ
しかも品物の紹介欄でただで手に入れた
つまるところ
ファイル交換ソフトで入手したことまでほのめかしてるとか
ヤレヤレだ
ちなみにこの記事書いてる右上にも
「気をつけよう!著作権」
なるリンクがあったりする
まぁそれだけ最近はそういうのに対する意識が低いんだろうね

んで
こっからちょっとだけ知ったかぶりしてみる
(間違いが含まれてる可能性が高いので話半分に聞いて)
そもそも著作権ってどこまで適用されんのか
一番話題になるところでは「複製」かな?
では著作権法では複製はどのように書かれているのか
ズバリ!

著作権法第2章第3節第3款の第21条 複製権
著作者は、その著作物を複製する権利を専有する

つまるところコピーしただけで違反です
コピーする権利は書いた本人など著作権持ってる人しかありません

ここでCD-RやMDはダメじゃんと思った人は
実に察しがいい
もちろんこれには例外がありますそれが

著作権法第2章第3節第5款の第30条 著作権の制限
私的使用のための複製
著作物は個人的又は家庭内など限られた範囲で使用する時
以下の特別な場合を除いて使用者が複製することができる
特別な場合
1・公衆の使用に供することを目的としている機械で複製をする
2・コピーガードなどを意図的に突破して複製する

原文は長いのでちょっと意訳したけどこんな感じ
つまり
『家族全員でいっせいに読みたかったから本をコピーして
 みんなで読みました』
はセーフ
『面白かったのでみんなにも配りました』
でアウト…当然か

じゃあ著作権はいつまで有効なのか
これはかなり明確で

著作権法第2章第4節第51条 保護期間
著作権の存続期間は、著作物の創始の時に始まる。
第2項
著作権は別段の規定がある場合を除き
著作者の死後50年経過するまで存続する。

バッハやベートーベンのCDが100円ショップで売ってる理由はこれ
著作権の使用料が無いからである

さて話を若干戻して今回のこの少年
(まぁ未成年だし実刑にはならないんだろうけどさー)
捕まった場合どうなるのか
こればっかりは裁判官次第だし
さすがに専門じゃない法律をこれ以上読み解く自信が無いんで
あいまいになるけど
著作権法に違反してもっとも重い刑の場合は

著作権法第8章 罰則
第119条第1項に基づき十年以下の懲役もしくは千万円以下の罰金
又はこれの併科

となる
5千円稼ぐために渡る橋じゃないよな少なくとも

個人的な見解を述べるなら
いっぺんしっかり怒られた方がいいんじゃないかな?とか
思ったりもする
まぁ騒ぎになってこの出品者に対して
かなりの違反報告が出てたみたいだし親のアカウントを使ってたら
たぶんそろそろばれてるんじゃないかなぁ

ふう
本当はもう一個記事を書くつもりだったけど
これ書くのに1時間半もかかったのでもう一個はまた次の機会に

次がいつかはわかんないけどね!
posted by ろぼ at 03:42| Comment(7) | TrackBack(0) | マイナー記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

『関さんの森』買収問題

正直大野病院問題とどっち書こうか迷ったけど
あっちはマイナーじゃないし
何より適当な事書くと踏んじゃいけない地雷踏みそうなので
こっち書く
こっちの舞台が比較的近いしね
とりあえず大野病院問題は無罪判決おめでとう


『関さんの森』土地買収問題
・背景
千葉県松戸市にて道路建設に伴い
関姉妹の個人所有となっている森林を通過する道路建設を計画
しかし関姉妹は通称『関さんの森』が分断されるとして
この計画に反対

ここで相互に意見の食い違いが発生
もともと関姉妹は約2fの緑地(この敷地内に自宅も含む)
を所有していたがうち約1fを自然保護団体に寄付
実質所有は自宅含む約1fとなる
市が当初示した案ではこの実質所有の1fのうち
自宅を迂回しつつ森を突っ切る形で道路を建設
(なおこの計画では自宅に隣接する梅林と広場が消滅)
【関姉妹の主張】
関さんの森は2f全てが該当するものであり
建設にさしあたり自己の所有する土地を通過してもいいが
最外縁部を通過するようなルートで作ってほしい
(市の案よりさらに外側のため距離は延びる)
【市側の主張】
関さんの森は自然団体に寄付された約1fのみであり
提示するルートは関さんの森を分断していないので
関姉妹側の主張は呑めない

双方妥協案の提示にいたらず
平和的買収は見込めず

こっからちょい時系列で
2008/7/21
関さんの森を『エコミュージアム』としてシンポジウムを開催
関姉妹も壇上に立ち自然を後世に残す重要性を講演
参加者は主催者発表で520名
2008/7/25
千葉県松戸市は土地収用法に基づき
収用委員会に土地収用(強制収用)の採決を申請
2008/8/7
補償額決定の資料作成のため関さんの森に立ち入り調査を実施
(当日関姉妹は体調不良を理由に立会いせず
…事前に体調不良に伴う延期を申請するが
正当な理由ではないとして調査は実行)
2008/8/8
関さんの体調不良を理由とし調査期間を縮小
2日間で打ち切る

簡単土地収用法!
・土地収用法とは…
公共施設(道路・上下水道・学校など)の建設・造成にあたり
正当な保障を支払えば事業者はその土地を手に入れることができる
というもの
・土地の持ち主が拒否したら…
まさに今回の事例
正当な補償額(収用委員会で審議されます)を支払えば
強制収用が可能です
・土地所有者がお金を受け取らず納得して無いと主張したら…
代表的なものに供託という制度があります
供託というのは裁判所に
事業者(今回は市)が支払うべきお金を預けるシステムです
これにより事業者は義務を果たし
所有者が受け取る権利を保留してるという状態になります
すなわち所有者には立ち退きの義務が発生します
・じゃあ不服があるときはどうするの…
補償額に対する不服かそれ以外の不服かにも寄りますが
土地収用法・行政不服審査法・行政事件訴訟法に基づいて
審査請求または訴訟を起こせます
(簡単に何件か判例読んだけど負け気味)

道路の需要
建設計画そのものは約40年前のものだとか
ただ都心に近い事もあり需要は存在
(テレビでも通過することで便利になるという市民数名が登場)

あれぇ?な出来事
・8月21日のワイドスクランブルで
 エコミュージアム発足4日後に
 収用法の申請したことについて尋ねられると
 「2f全てが『関さんの森』という認識が
  広がらないようにするためです」
 と市の担当者がぶっちゃける
・調査が二日間で終了した理由にテレビ取材?
 撮影角度からして所有者陣営側がテレビ取材を引き込み
 初日の市と市民団体の衝突(無理やりさでは市側不利)が丸写し
 二日目も取材陣いたためか撤収?
 ちなみに二日目は脚立の上から自宅敷地内を
 ビデオカメラなどで撮影
 ぶっちゃけ盗撮もいいとこ(ここも全国放送される)

そんでもって今後
今年の冬には収用法に基づく審査終了?
関姉妹側は当初市の提示した案に近い形での受け入れを考えてるが
市側はルートに関して
妥協は無いとして最短ルート(梅林・広場・自宅上を通過)を申請
関姉妹側には自然団体がついたようなので
おそらく訴訟になるんじゃないかな
専門家の立会い調査もやってるみたいだし
私自身は迂回路で可能な限り大きな森が残ってほしいかな

参考
関さんの森を育む会のページ
posted by ろぼ at 03:09| Comment(1) | TrackBack(0) | マイナー記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

毎日新聞問題

日本3大新聞の一つ
毎日新聞の海外向けインターネットコーナーの一つ
『WaiWai』に非常に卑猥な内容が掲載され
それが9年間にわたり公開されていた問題

このコーナーは
日本で発売された週刊誌などの記事を
毎日新聞に勤務する外国人の方が英訳し紹介する趣旨で
スタートした
以下は記事の一例
■母親は受験勉強をする息子の学力向上のためにフェラチオをする
■24時間オルガズムが止まらないイクイク病で苦しむ日本人女性の数が増えている
■日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る
■日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する。六本木レストラン裏は屠殺場。
■日本古来の米祭りはアダルトビデオ業界が「顔射」と呼ぶものに非常によく似ている
■ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる (※映画「バベル」)
■日本の女子高生は、刺激のためにノーブラ・ノーパンになる (※映画「バベル」)
■15未満の子供を対象とした疑似ポルノが日本に蔓延している(※シーファー発言)
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■日本のティーンたちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■最新の流行 70歳の売春婦にもかかわらず、小学生の売春婦にも仕事がある
■人妻は気分転換の目的で昔の恋人に抱かれに行く
■屋外でセックスをすれば、犬の散歩がもっと楽しいものになる
■日本の若い看護婦は、バイブレーターを携行し、売春婦に勝る
■OLの72%が、セックスをより堪能するために何らかのトレーニングを受けている
■日本の防衛庁は、ロリータ漫画によって、その内情を明らかにする
■10代の少年から退職した老人までみんな2980円の手コキを利用している
■日本童貞クラブは、柔道の練習や描線によって童貞を捨てると誓う。
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■男色は日本の伝統。八坂神社では女装祭りを行っている
■横浜の女装祭りはゲイの宣伝になる
■六本木のあるレストランでは、食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■ほとんどすべての漁師は、海でマンタとSEXしている

最初は巨大掲示板『2ちゃんねる』の
鬼女(既婚女性の隠語)の間で騒ぎが起こったらしい
その後
プロ市民(一般人のフリをした営利目的の活動家の蔑称)が合流
毎日新聞社前にて抗議デモを行ったり
他人の住宅のポストや公共施設の受付などに
記事の内容が書かれたビラを“置き忘れる”
などの活動を行った
また毎日新聞のスポンサーが次々撤退を表明
一時毎日新聞の広告欄が自社広告のみという事態まで陥る

毎日新聞社は担当記者を3ヶ月の懲戒休職
社長の役員報酬を10%返上など
事態の収束に動くも
これまたプロ市民などの「罰が軽い」というブーイング
また公式サイトに謝罪文を載せると同時に
『上記のような記事を載せるなら
 毎日新聞の女性もそんな人間なんだな』
という批判が激化したため
『このような批判を行った人間には法的措置を講ずる』
と追加掲載
逆ギレが火に油を注ぐ結果となった

テレビ報道は平日2時からの『ミヤネ屋』において
数分程度の放送程度のみであった(筆者確認分)

事態の終結は遠そうである
posted by ろぼ at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナー記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新タグ

テスト期間に入り
特に浮いた話もなし
ただでさえ独りよがりのブログになってきてるわけだが
(いちおう検索とかには引っかからないようにしてるけど)
ちょっとは自分にも役立ちそうな記録でも残そうかな
と思って
新タグを作ったしだい

ワイドショーやニュースなどで
取り上げられないようなマイナーニュースの記録用
一応
解説的な書き方をする(自分がわかんなくなったら意味ないし)けど
面白いことはたぶん何も無い
posted by ろぼ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マイナー記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。