2008年08月24日

『関さんの森』買収問題

正直大野病院問題とどっち書こうか迷ったけど
あっちはマイナーじゃないし
何より適当な事書くと踏んじゃいけない地雷踏みそうなので
こっち書く
こっちの舞台が比較的近いしね
とりあえず大野病院問題は無罪判決おめでとう


『関さんの森』土地買収問題
・背景
千葉県松戸市にて道路建設に伴い
関姉妹の個人所有となっている森林を通過する道路建設を計画
しかし関姉妹は通称『関さんの森』が分断されるとして
この計画に反対

ここで相互に意見の食い違いが発生
もともと関姉妹は約2fの緑地(この敷地内に自宅も含む)
を所有していたがうち約1fを自然保護団体に寄付
実質所有は自宅含む約1fとなる
市が当初示した案ではこの実質所有の1fのうち
自宅を迂回しつつ森を突っ切る形で道路を建設
(なおこの計画では自宅に隣接する梅林と広場が消滅)
【関姉妹の主張】
関さんの森は2f全てが該当するものであり
建設にさしあたり自己の所有する土地を通過してもいいが
最外縁部を通過するようなルートで作ってほしい
(市の案よりさらに外側のため距離は延びる)
【市側の主張】
関さんの森は自然団体に寄付された約1fのみであり
提示するルートは関さんの森を分断していないので
関姉妹側の主張は呑めない

双方妥協案の提示にいたらず
平和的買収は見込めず

こっからちょい時系列で
2008/7/21
関さんの森を『エコミュージアム』としてシンポジウムを開催
関姉妹も壇上に立ち自然を後世に残す重要性を講演
参加者は主催者発表で520名
2008/7/25
千葉県松戸市は土地収用法に基づき
収用委員会に土地収用(強制収用)の採決を申請
2008/8/7
補償額決定の資料作成のため関さんの森に立ち入り調査を実施
(当日関姉妹は体調不良を理由に立会いせず
…事前に体調不良に伴う延期を申請するが
正当な理由ではないとして調査は実行)
2008/8/8
関さんの体調不良を理由とし調査期間を縮小
2日間で打ち切る

簡単土地収用法!
・土地収用法とは…
公共施設(道路・上下水道・学校など)の建設・造成にあたり
正当な保障を支払えば事業者はその土地を手に入れることができる
というもの
・土地の持ち主が拒否したら…
まさに今回の事例
正当な補償額(収用委員会で審議されます)を支払えば
強制収用が可能です
・土地所有者がお金を受け取らず納得して無いと主張したら…
代表的なものに供託という制度があります
供託というのは裁判所に
事業者(今回は市)が支払うべきお金を預けるシステムです
これにより事業者は義務を果たし
所有者が受け取る権利を保留してるという状態になります
すなわち所有者には立ち退きの義務が発生します
・じゃあ不服があるときはどうするの…
補償額に対する不服かそれ以外の不服かにも寄りますが
土地収用法・行政不服審査法・行政事件訴訟法に基づいて
審査請求または訴訟を起こせます
(簡単に何件か判例読んだけど負け気味)

道路の需要
建設計画そのものは約40年前のものだとか
ただ都心に近い事もあり需要は存在
(テレビでも通過することで便利になるという市民数名が登場)

あれぇ?な出来事
・8月21日のワイドスクランブルで
 エコミュージアム発足4日後に
 収用法の申請したことについて尋ねられると
 「2f全てが『関さんの森』という認識が
  広がらないようにするためです」
 と市の担当者がぶっちゃける
・調査が二日間で終了した理由にテレビ取材?
 撮影角度からして所有者陣営側がテレビ取材を引き込み
 初日の市と市民団体の衝突(無理やりさでは市側不利)が丸写し
 二日目も取材陣いたためか撤収?
 ちなみに二日目は脚立の上から自宅敷地内を
 ビデオカメラなどで撮影
 ぶっちゃけ盗撮もいいとこ(ここも全国放送される)

そんでもって今後
今年の冬には収用法に基づく審査終了?
関姉妹側は当初市の提示した案に近い形での受け入れを考えてるが
市側はルートに関して
妥協は無いとして最短ルート(梅林・広場・自宅上を通過)を申請
関姉妹側には自然団体がついたようなので
おそらく訴訟になるんじゃないかな
専門家の立会い調査もやってるみたいだし
私自身は迂回路で可能な限り大きな森が残ってほしいかな

参考
関さんの森を育む会のページ
posted by ろぼ at 03:09| Comment(1) | TrackBack(0) | マイナー記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この問題、本当は、壊されるのは
「関さんの森」
ではなく、
「関さんの屋敷」
です。
個人的な接収問題を、自然団体を巻き込んで
大げさにし、少しでもいい条件で手を打とうという強欲地主の話です。
松戸市民はたいてい知っています。

こういう記事を書く前に、もう少し勉強してくださいね。
Posted by 朱鷺 at 2012年06月22日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。